トップ

色白のシミクリニック

シミができやすい人はクリニック

色白の方はシミができやすい

紫外線が強くなる春先から秋の初めにかけては、紫外線対策を心掛ける女性は多いでしょう。けれど、色白の女性ほど、常に紫外線対策が必要だとご存知でしたか。生まれつき肌の黒さを決定するメラニン色素が少ない色白の女性はあこがれられる存在ですが、シミができやすいというウィークポイントがあるのです。シミが出来てしまったらクリニックで治療をおすすめします。

色の白いメラニン色素の少ない肌は、太陽の光に当たればすぐに赤くなる特徴があります。これは、紫外線ダメージに弱く、DNAの傷を修復する力も弱いということを示す証拠でもあります。実は、シミのできやすさというものは、この紫外線から受けるダメージによって傷ついたDNAを修復する強さに比例するといわれています。

また、肌のシミの直接の原因であるメラニンの過剰生成が発生しやすいことも、シミが多くなる原因になっています。このように、白く透き通るような白肌は、男性からも女性からもあこがれられる美人の要素の一つではありますが、このシミができやすい、という大きな悩みがあるのです。

ひきかえ、生まれつき肌のメラニン色素が多く、DNAの修復力が高いとされる色に黒い肌は、紫外線からのダメージへの耐性が強いためメラニンの過剰生成が発生せず、結果としてシミもできにくいのです。基本的なUVケアを行っていれば、日常生活レベルの紫外線量ならば、まずシミなどの肌トラブルとは無縁でいられるでしょう。女性の美容上の悩みの一つに挙げられることの多い地黒肌ですが、紫外線からのダメージに強く、シミもできにくい特徴があり廊下が遅い肌という大きな長所があるのです。

ただし肌の色というものは、生まれつきメラニンやヘモグロビンなどの量で決まっているため、色白の方と同じレベルまでの肌の白さにはなりません。目安としては最も紫外線ダメージが少ないといわれるお尻の肌の色が、生まれつきの肌の色、美白の限界と理解しておきましょう。